python 2.7 と 3.4の共存

いろいろとゴタゴタしていた案件に目処がついたので、またpythonやらtensorflowやら(ubuntu 14.04上で)に戻ることにした。

python 2.7を使うのか3系を使うのか、というのはいろんなかたがたがブログ等で意見を述べられているが非常に迷うところであったが、最近こんな記事を見つけた。

future-software-labo.anyagent.net

で、これに乗っかることにした。

ここもちょっと参考にした。

linuxconfig.org

 

注意が必要なのは、

sudo update-alternatives --install /usr/bin/python python /usr/bin/python2.7 2

たとえば上記のようなコマンドで、install の前にある「マイナス」がサイト上では1つに見えるのだが、これは正しくは半角の「マイナス」を連続して2つ書くのが正しい。コピペだと上手く行かないのでそこだけ正しく書き直す必要がある。

で、最後に動作確認ですが、

qiita.com

ここのサイトにあった

import tkinter as tk
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

x = np.arange(0, 5, 0.1)
y = np.sin(x)
plt.plot(x, y)
plt.show()

このコードで正弦波が表示されてOK。

ちなみにtkinterというのはpython2系では大文字から始まるTkinterで、

python.keicode.com

あるいは

askubuntu.com

上記2つのサイトを参考に、下のコマンドでインストールした。

sudo apt-get install python-tk

ちなみに、python使う人にはSublime textというテキストエディタがイケている感じでお勧めです。

subl

というコマンドで一発起動です。

www.sublimetext.com

さて次はtensorflowを再度インストールの予定。